日本で発売されている酸素カプセル

現在疲労回復などさまざまな目的から注目を集めている酸素カプセルですが、日本ではどのようなものが用いられているのでしょうか。
それについてみていきたいと思います。
現在日本国内で販売されている健康機器としての酸素カプセルにおいては、その製品の性能上、実際に内部に充満する気体の環境が30パーセントの酸素を含む空気に相当する酸素分圧を超える機種はありません。
カプセルの素材や剛性によって、金属製または樹脂性であるハード型酸素カプセルと、特殊布製であるソフト型酸素カプセルに分類されています。
ソフト型は折りたたんで持ち運べることから、アスリートが大会などに持参するというケースもあります。
これに対して、ハード型酸素カプセルは、おもに業務用に使用されるために剛性が要求されるうえ、耳抜き支援システムや、エアコン、テレビ、音響機器といった付加機能を追加することで、快適性の高いものとなっており、価格は一般的にソフト型酸素カプセルの二倍程度となっています。
当初は大きなスポーツイベントがあるたび、活躍した選手の秘密兵器としてマスコミに取り上げられたり、水泳選手や陸上競技選手に会い効果が多いことから、一般に認知されるようになりました。
このように、スポーツ選手が使用していることから始まって、一般に認知されるようになり、最近では疲労回復だけではなくさまざまな目的から酸素カプセルを利用している人たちが多くいます。
興味のある方は酸素カプセルのあるサロンを探してみて、利用してみてはいかがでしょうか。