日本での酸素カプセルの広がり

現在では、酸素カプセルの認知度は高いものとなっており、多くの人がその名前を知っているのではないでしょうか。

 

 

 

また、利用したことがあるという人も少なくないでしょう。
現代社会においては肉体的にも精神的にもそのストレスが大きくなりやすいものとなっていますので、疲労回復などの目的から、酸素カプセルを利用するという人も少なくないのではないでしょうか。
現在では多くの人に知られている酸素カプセルですが、どのようにして広がっていったのでしょうか。
日本における酸素カプセルの歴史を見ていきたいと思います。まず日本で酸素カプセルの認知度を高めたのはデビットベッカムでした。
彼が2002年ワールドカップ直前に骨折をして、出場が不可能であるといわれていましたが、酸素カプセルを骨折の治療に使って復活をしたことが話題になり、ベッカムカプセルと呼ばれるようになりました。
アスリートが治療や疲労回復のために用いるのが主流でしたが、専門サロンなどが開店し、一般の方も利用するようになりました。
また、2006年には齊藤祐樹投手が甲子園で活躍したころに酸素カプセルを使用していたことが話題になったことで、2006年から2007年にかけて酸素カプセルのブームとなり、市場が一気に拡大して、多くのメーカーが参入しました。
このように、酸素カプセルはもともとスポーツ選手が使うものでしたが、それから有名になって、一般の人にも浸透していき、日本で認知されるようになりました。酸素カプセルはこのようにして日本で流行していったのです。